ペット健康用品Zaoral(ザオラル)の定義

 

 飼育されているペット達は、飼主の都合で安定した食生活や住環境により野生の資質を忘れさせてしまいました。

快適に暮らしている一方で、言葉が伝えられないペット達は人間社会においてストレスを持つペット達も増加しています。そして、最も多いペット達の死亡原因はストレスにより併発される「ガン(癌)」と言われています。

私達は、そのペット達のストレスを少しでも解消できるよう、研究を重ねてきました。

そして、ペット達の細胞レベルに対して微細な振動を与えて働きかけることが交感神経(ストレス)を軽減させる有効な事実であることを、私たちは発見しました。

ペットのストレスを軽減し、より良い生活が送れる素材。私達はこの素材を使い、我が子同然に伴侶化されているペットといつまでも幸せに永く暮らせるような商品を提案します。

Zaoral(ザオラル)商品動物臨床試験

【オキシトシン及びコルチゾールを測定】

麻布大学名誉教授 太田 光明氏 監修

弱磁気性ネックレス(イヌ用)の効果について

(実験期間:令和元年12月27日〜令和2年3月4日)(ザオラル・リカバリーネックレス)
5頭(小型犬)のイヌを用いて、1)ネックレス2時間装着(4頭)と2)24時間装着(1頭)の2種類の実験を行った。
1)と2)の実験場所はそれぞれ国際動物 専門学校(世田谷区)及び(株)アニマルライフソリーション(宇都宮市)であった。
コントロールは、同じイヌを用い、異なる日に実施した。
材料と方法:  1)材料を用いたイヌを表1に示す。このうち、4頭(①から④)を2時間装着の実験に、1頭(⑤)を24時間装着の実験に供した。
2)方法
 ホルモンとして、唾液中オキシトシン及びコルチゾールを測定した。オキシトシン は「喜び」と「リラックス」の度合いを現し、高いほどからだに良い。逆にコル チゾールは低いほど良い。また、神経活性の指標として、心拍(心電)を測定し、心拍変動解析法により、自律神経(交感神経と副交感神経)の活性を評価した。副交感神経は「癒し」の度合いを現し、交感神経は緊張度を現す。ホルモンは、酵素免疫測定法(EIA、ELISA)を用いて測定し、また心拍数(心電)は、UNIONTOOL(ユニオンツール)社製の小型心電計を用いて計測し、解析ソフト Kubiosにより分析した。
さらに脳内のモノアミン神経のうち、ノルアドレナリン神経の活性を測定した。脳内モノアミンは、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)により、一斉分析した。尚、 ノルアドレナリン神経の活性は、その代謝物であるMHPG(3-メソキシ-4-ハイドロキシフェニールエチレン・グリコール)を測定することによって、評価できる。MHPGは心身のストレスの最適な物差しであると言われている。MHPGの値は、アルツハイマー型認知症の物差し(診断)にも使われている。この値は低いほど良い。

Zaoral(ザオラル)商品動物血圧測定

JVCC動物病院 獣医師佐藤 貴紀 先生監修

犬の血圧はエビデンス的には以下が理想とされています。(最高血圧 131  最低血圧 74  平均血圧 97)

 結果的には血圧測定でリラックス効果があったとは結論づけれませんでした。ただ、正常範囲内での血圧変動であり、そこまで大差がなく推移し、ザオラルをつけてない方が血圧が低かった。
一つ言えるのは、ザオラルをつけていて少し血圧が高かったのは、血行促進され、元気になっていたとも言える。
その考え方でいうとザオラルを使用していたほうが、理想的な血圧に近いと言える。